【バラバラな6人】大人気声優アイドルユニット『i☆Ris』の魅力

肩こりの原因が親知らずでした、daisukeです。

突然ですが皆さんはアニメ好きですか?好きですよね。
今はもう日本人のほとんどがアニメを見ていますからね。
日本のアニメは海を越え、我が国の代表的な文化として世界でも注目されています。

最近ではアニメで活躍する声優もまた一つの人気コンテンツとして盛り上がっています。

そんな中、今絶大な人気を集めている『声優×アイドル』のハイブリッドユニットi☆Ris(読み:アイリス)を今回は紹介していきます。

☆どんなアイドル?

i☆Risは2012年に結成された6人組ユニットです。大手レコード会社エイベックスと大手声優事務所81プロデュースが共同で開催した「アニソン・ヴォーカルオーディション」の合格者6名がメンバーになってます。


2016年には武道館での単独公演も達成しており、海外からのファンも多く持つi☆Risは日本を代表する声優アイドルといっても過言ではないでしょう。

☆メンバー紹介

i☆Risはメンバー6人がそれぞれ個性豊かなキャラクターであり、まさに六人六色といった感じです。
そんな6人のアイドルを1人ずつ紹介していきます。

・山北早紀(やまきた さき)

i☆Risのリーダーで最年長。個性の強いメンバーたちのキャラを活かしながら丁寧にまとめてくれている、チームの大黒柱的な存在。だがしっかり者というわけではなく、メンバーからよくいじられるドジキャラ。i☆Risのお色気担当。日本テレビ「人生が変わる1分間の深イイ話」で特集された時に自宅を初公開したが、「ピンク感の強いラブホのような部屋」と紹介された。特に声には気を使っており、部屋には加湿器が15台も設置されている。
メンバーカラーはグリーン。

・芹澤優(せりざわ ゆう)

自分のことを世界一可愛いと思ってるぶりっ子キャラ。パフォーマンス中にイヤモニを外しオタクのファンのコールを聞くのが有名。愛されてる自分が大好き。前髪命。叔母はスケバン刑事や火曜サスペンスでおなじみの斉藤由貴。ソロで歌手デビューした際にはソロライブをツアーで計16公演したり、ラジオ「せりざわーるど」のパーソナリティを務めていたりと、マルチに活躍している。
メンバーカラーはブルー。

・茜屋日海夏(あかねや ひみか)

秋田美人。アニメのかわいい声と、パワフルな歌声にギャップ惚れする。最近YouTubeデビューした。本人はYouTubeでバカみたいな事をやりたいと言っており、普段とは違うはっちゃけた”素の茜屋日海夏”を見ることができる。声優アイドルとは別に舞台の役者としての顔を持つ。ただの野菜好きのことをベジタリアンだと勘違いしており、肉を食べながら「私はベジタリアン」だと公言していた。そのことについて日本テレビ「有吉反省会」にも呼ばれた。メンバーカラーはパープル。

・若井友希(わかい ゆうき)

メンバー最年少。i☆Risの歌姫。可愛らしい見た目から放たれる圧倒的な歌唱力は多くの人を魅了する。テレビ東京の「THEカラオケ★バトル」に声優枠で出演し、好成績を収めた。作曲も手掛けている。145cmと低身長だが手足は長い。かわいい声もイケメンボイスも出せる。
メンバーカラーはレッド。

・久保田未夢(くぼた みゆ)

工業高校出身のガテン系アイドルであり、わんわんおーこくの姫である。フォークリフトの免許を持っている。メンバーイチのオタクであり、ライブでもファンの喜びそうなパフォーマンスをしてくれる。大の肉好きであり、YOUDEALにて肉を食べる番組「久保田未夢のNice to MEAT you & YOU」を配信している。
メンバーカラーはオレンジ。

・澁谷梓希(しぶや あずき)

ボーイッシュなビジュアルとまっすぐな性格から多くの女性ファンを持つ。身長は165cmあり、メンバー内で最も高い。アイドル活動とは別に「DJずっ from i☆Ris」という名前でアニソンDJとしても活躍している。i☆Risでも編曲を手掛けていたり、ハモリコーラス担当であったりと、裏でチームを支える大きな存在。チャームポイントは八重歯。メンバーカラーはイエロー。

☆圧巻のライブパフォーマンス

ちなみに僕の弟がi☆Risの大ファンで、僕が留学してる間によくライブに行っていた、とのことですので彼の感想を中心に書いていこうと思います。

今年で8周年を迎えるベテランなだけあり、彼女らのパフォーマンスは超ハイレベルなものとなっております。ちょこっと魅力を伝えますね。

・ずっちゃん(澁谷梓希)の煽り
ずっちゃんはライブの盛り上げに欠かせない存在です。イントロや間奏で観客に対し「声出せ!」と叫び会場を沸かせたり、「せーの!」とコールを誘ってくれたりします。
弟曰く、これが入ると”テンションMAX”って感じでめちゃくちゃハイになれるそうです。ずっちゃんの良さが特に出てるおすすめの曲は6th Anniversary Liveの「Believe in…」という曲だそうです。

・激しく美しいダンス
一度の公演で20曲以上披露するi☆Risのライブですが、その間すべてフルで激しいダンスを踊り全員が生歌で熱唱します。
しかも昼夜別にパフォーマンスをするため合計で40曲以上1日のうちに披露することになります。すごい体力だ…。
ダンスユニットだと錯覚するくらいキレのあるダンスから超アイドルしてるかわいいダンスまで、飽きさせることなく披露してくれます。
もはやただの声優軍団ではない。すべてがハイレベル。


・CD音源に劣らないハイクオリティな歌声
そして先ほど述べた通り、一切口パクなしの全て生歌唱になります。
やはりオーディション合格者6人の選抜メンバーというだけあり実にキュートでパワフルな歌声を全員が持っており、会場で聴く生歌はホントに痺れます。
休むことなく激しく踊りながら熱唱するライブパフォーマンスは他のアーティストではなかなか見られない凄まじさがあり、一度味わうと一瞬で虜になります。(弟談)

ちなみに僕の個人的にお気に入りは5th Live Tour 2019の「DIVE TO LIVE」です。みんな楽しそうに歌っており最高にノれる曲なので大好きです。この曲に関しては音源よりライブのほうが盛り上がれる分、圧倒的に好きです。

☆とあるアニメとi☆Ris

i☆Risが声優を担当した代表的なアニメを少し紹介したいと思います。
実はi☆Risをご存じの方ならもちろん知っている、という風にほぼi☆Risと直結しているアニメ作品があるのです。それが『プリパラ』です。



i☆Risは今でこそ日本を代表するような人気グループですが、デビュー当初は観客わずか13人という崖っぷちを走るアイドルでした。そんな中、グループ解散の危機を救う大きな転機となったのがこのプリパラという作品です。

プリパラは女の子がアイドルを目指すという子供向けのアニメなのですが、その主要キャラクター6人全員の声をi☆Risが担当したのです。

このプリパラが超絶大ヒットし、なんとプリパラのアーケードゲームの売り上げは9か月で70億円になるほどの人気に。


弟は声優アイドル好きなのでi☆Ris経由でプリパラにハマったのですが、逆に僕はアニメ好きなこともありプリパラ経由でi☆Risにハマりました。
(過去にプリパラの紹介記事も書いてますのでまだの方はぜひコチラからどうぞ)

i☆Risが気になっている方は同時にプリパラの視聴も進めると倍速でファンになれるのでお勧めです。びっくりするほど面白いアニメなのでハマりすぎには注意ですが…。度数強いのに飲みやすいお酒みたいにゴクゴクイケちゃうので一瞬でプリパラ狂人になります。

声優とアイドルの2つの顔を持つi☆Risはこのように今も多くの層からファンを獲得し続けているんですね。

☆おわりに

今回は超人気声優アイドルi☆Risを紹介しました。
今では声優界に多く存在するアイドルユニットですが、彼女らはその先駆けとなった大きな存在です。
アニメから派生し、声優界にもいろいろな変化が起きて新たな文化を生み出しているのを見ると、やはり日本のアニメ文化は偉大なんだなと感じます。

i☆Risの今後の活躍にも期待ですね!

daisuke

1998年4月生まれ。高校卒業後ウィチタへ短期語学留学。Santa Barbara City College在学中。趣味を増やすことが趣味の22歳。
投稿を作成しました 12

【バラバラな6人】大人気声優アイドルユニット『i☆Ris』の魅力」への1件のフィードバック

コメントを残す

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る