【最強アクション】アメリカの3DCGアニメ『RWBY』を見てください

daisukeです。

無事期末の試験も終了し、最近はホント暇な時間が増えてきました。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

僕はというと過去のアニメをテキトーに見返す日々を送っており、過去の記事で何度も紹介したプリパラや同シリーズのプリチャン三昧の毎日を過ごしております。

他にも魔法陣グルグル、serial experiments lainなどの大好きな作品を一気に見返したりしました。ホントやりたい放題。

(↓作業用デスクから見える風景↓)

そして過去に見たアニメで次になにを見返そうかな~といろいろ探していると
僕が3年前ドはまりした『RWBY』(読み:ルビー)という作品にたどり着きました。

実はこのアニメ、2020年現在でもまだ続編が出続けているWebアニメシリーズで、アメリカの作品なんです。

2017年に一度日本語吹き替え版がTOKYO MXで放送されていて、僕はそれで知りました。
当時はあまり本編が全て3DCGのアニメを見ようとは思ってなかったのですが、RWBYはなぜかめちゃくちゃ惹きつけられて見入ってしまうほどでした。

そんな全編3DCGのバトルアニメ『RWBY』を軽く紹介していきます。

☆あらすじ

___科学と魔法が同居する世界『レムナント』
この世界には人類や獣人、動物、そして『グリム』と呼ばれるモンスターまでもが存在する。人類は『グリム』に長い間暮らしを脅かされていたが、現在は『グリム』の討伐や治安の維持を行う『ハンター』の活躍により、平和な世界が守られていた。

___主人公『ルビー・ローズ』はひょんなことから
ハンター養成学校『ビーコン・アカデミー』に入学することになり、
そこで出会う仲間たちと共に一人前の『ハンター』を目指していく。

RWBY公式サイトより

☆キャラクター

主要キャラクターを4人ほど紹介しますね。
(声優は日本語吹き替え版の方を採用しています。)

〇ルビー・ローズ(CV:早見沙織)

本作の主人公。15歳だが戦闘のスキルを学長に認められアカデミーに飛び級入学する。バラの花びらを撒き散らしながら高速移動をするという特殊能力を持っている。武器はスナイパーライフルに変形する大鎌。キャラクターモチーフは赤ずきん。

〇ワイス・シュニー(CV:日笠陽子)

大企業「シュニー・ダスト・カンパニー」の令嬢。若干自分勝手で高飛車な態度ないわゆる「お嬢様キャラ」。特殊能力で魔法陣を作り出すことができる。武器は魔法のステッキとしても使えるレイピア。キャラクターモチーフは白雪姫。

〇ブレイク・ベラドンナ(CV:嶋村侑)

大人しくクールな猫系女子。よく一人で読書をしていて口数が少ない。インドア系かと思いきや、めちゃくちゃ身体能力が高い。特殊能力により自分の影を実態のある分身として生み出すことができる。武器は拳銃として使える鎖鎌。美女と野獣のベルをモチーフにしている。

〇ヤン・シャオロン(CV:小清水亜美)

ルビーの異母姉妹。誰とでもすぐ仲良くなるフレンドリーな性格で完全陽キャ。自分の受けたダメージを自身のパワーに変換する能力を持っている。つまりはピンチになればなるほど強くなるカウンター型。武器はショットガンを搭載したガントレット。3匹のくまのゴルディロックスがモチーフ。

その他にも多くの魅力的なキャラが登場します!全員はさすがに紹介しきれませんが…。
ちなみに僕のお気に入りは敵キャラクターのニオ・ポリタンです。お洒落な傘を武器にして戦います。
というか敵キャラはマジでみんな好きです。敵の方が好きまである。

☆最高のバトルアクション

ちょくちょく自作のGIF画像でお見せしているのですが、この作品はバトルシーンのアクションがとにかくカッコいいんです。

ちょっと変わった武器を扱う立ち回り、仲間との連携技、特殊能力による個性的な戦闘スタイル…。初めて見たときは正直リアルに鳥肌立ちました。
特にvolume1のチーム分け試験のシーンは最初の大きな戦闘シーンなだけあってバードスキンがスタンダップしまくりでしたよ。

ほぼ全てのバトルシーンが爽快で超エキサイティングですのでちょっと気になった方はRWBY本編をのぞいてみてくださいね。YouTubeで見れます。(日本語字幕)

☆オリジナル版と日本語版

一応注意してほしいのが、dアニメストアにある日本語再編集版「RWBY VOLUME1-3 The Beginning」は本編を大幅カットして3クール分を1クールにまとめたものになります。

日本語の音声でサクッと楽しみたい方にはお勧めできますが、僕としてはオリジナル版をフルで見ていただきたいです。

やはり本場のアメリカンジョークも楽しめますし、何より醍醐味である戦闘シーンの数々をノーカットで味わっていただきたいです。

テレビアニメ版では大幅にカットされていますが、BD版だとフル尺で日本語版を見れますので、どうしても日本語版で見たいという方は購入の方を検討してみてください。(もちろん英語音声のオリジナル版も収録されてます)

実は僕もVolume4は日本語吹き替え版のBD初回限定版を持ってます。超豪華声優陣で吹き替えられていますのでそちらも素晴らしいですよ。

アメリカへ留学した際、現地の友達にもRWBYを知ってる人がいて、結構語り合ったりしました。

僕はてっきりこんなに面白い作品なのだからアメリカ人はみんな知ってるものだと思ってたのですが、RWBY語りができたのはその人だけでした。

日本に来る外国人たちもよく「えーっ!日本人なのにこのアニメ知らないの!?」という反応をしますがそんな気分でしたね。

ただ、日本では売ってないようなグッズもいくつか見つけることができたので結構興奮しました。

☆おわりに

この作品は日本でもめちゃくちゃ人気というわけではなく「知る人ぞ知るアニメ」という位置づけになっていると思います。
僕自身いろいろなアニメを見てきましたが、RWBYはその中でも上位に食い込むような面白さがあります。

もっといろんな人に知ってもらいたいと思って今回このような記事を書きました。

脚本、演出、音楽すべてとても素晴らしいアニメですので興味を持たれた方はぜひチェックしてみてくださいね!
YouTubeでオリジナル版は公式アカウントで公開してます。
RWBYコンプリート版(YouTube)

ちなみに今はVolume7まで出ており、話の展開がすごいことになってきてます。
続きのVolume8が気になって眠れないくらい。

まだまだ本編のストーリーは続いていますので今後の展開にも注目していきたいです。

daisuke

1998年4月生まれ。高校卒業後ウィチタへ短期語学留学。Santa Barbara City College在学中。趣味を増やすことが趣味の22歳。
投稿を作成しました 12

【最強アクション】アメリカの3DCGアニメ『RWBY』を見てください」への1件のフィードバック

コメントを残す

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る